発行可能株式総数と創立

会社設立と発行可能株式総数と創立について


会社設立をしようとした場合、色々と知識が必要になってきます。言葉の意味を疑問に思うこともあるはずです。その中に、発行可能株式総数と創立があります。

発行可能株式総数とは、定款を変更することなく将来にわたって発行が可能な株式の総数のことです。会社設立時に発行する株式数とは違いますので、注意するようにしましょう。この総数の上限を決めておく理由は、取締役会が株主の許可を得ないで勝手に無制限に株式発行が出来てしまうと、株主にとって不利になってしまうことがあるためです。取締役会が株式を勝手に発行すると、会社に対しての株主の持ち分が減ってしまう可能性があります。そのために、しっかりと上限を決めておく必要があるのです。

株式譲渡制限を設けていない公開会社は、会社設立時に発行する株式の数は、発行可能株式数の4分の1を下回ることが出来ないとされています。つまり、会社設立の時に発行する株式の数が10000株だった時は、総数は40000株以下には出来なくなってしまうのです。4倍を超える数には出来ないので、注意するようにしましょう。

但し、非公開会社、つまり、株式譲渡制限がある会社の場合は、このような制限がありません。4倍を超える数にしても構わないのです。総数を決める場合は定款を変更する必要がないようにしておきましょう。定款を変更して総数を変えることは確かに出来ますが、その場合、登録免許税が必要になってくるのです。会社設立時に、しっかりと決めておくことがとても大切になってきます。将来のことも考えて、どの程度までの増資の可能性があるかをしっかりと検討します。あまり低い総数に設定してしまっていると、増資が出来なくなってしまう可能性があるのです。もちろん、定款を変更すると増資は可能になりますが、登録免許税がかかってくるので、会社設立の時に増資の可能性をしっかりと考えて、検討する必要があります。

また、創立とは、事業を開始した日のことを指します。組織や機関をつくって業務を開始した日のことを指すのです。これに対して、設立とは、法人登記した日のことです。そのため、会社によってはどちらも同じ日になることもありますし、まったく違う日になることもあります。

このように、会社設立をする場合は、発行可能株式総数をきちんと決めなければいけません。増資の関係などもありますし、変更には登録免許税も発生するので、しっかりと検討するようにしましょう。”