株式会社設立・納税証明

 株式会社設立は納税証明などはあるが消費税が節約できる

会社設立を夢見てサラリーマン生活を送っている人も少なくありません。いつかは自分のやりたいことを思う存分できる会社を作って、日々満足できる生活を送りたいと思って準備を進めている人もいるでしょう。会社設立といっても漠然としていていざやろうと思うと方法がわからないという人がほとんどでしょう。では実際に会社設立を思い立った時には何をしたらいいのでしょうか。

まずは会社の形態をどうするか検討する必要があります。会社の形態には株式会社と合同会社があります。費用を安く抑えたいと考えているなら合同会社という法人の形態も検討すると良いでしょう。手続きも株式会社より簡単なもので済みます。ただし、信用性の面から考えるならば株式会社の方がおすすめです。

また消費税を抑える選択肢が広くなります。経営が軌道に乗って従業員が増えてきたり、出費が多くなってくると消費税をいかに抑えるかは大事なポイントになってきます。また、優秀な税理士を雇えば所得税と法人税のバランスを考慮して手元に残るお金を多くすることも可能です。

以上がメリット部分ですが、株式会社を経営するにあたってはデメリットももちろんあります。従業員を雇う場合、社会保険料を半分負担してあげる必要があるためコストが増えます。また、法人税はどんなに赤字だろうと均等に支払い義務が生じるため、年間7万円を支払う必要があります。そして社長の報酬は1年間固定する必要があり、変更は認められません。

納税証明をはじめとするさまざまな手続きが必要となるのも面倒なことの1つです。そのため、株式会社を設立しても初めのうちは従業員を雇わずに個人で経営する人が多いです。

では具体的にどのような手続きが必要なのでしょう。まず準備段階として設立項目の決定と印鑑の作成を行います。その後、会社にとって非常に重要な定款を作成します。定款ができたら定款の認証手続きを受けます。次に登記書類を作成します。資本金の払込、必要な各種申請書の作成し、会社設立登記を行います。それが済むと登記簿謄本が受け取れます。ここまでくればあと一歩です。銀行口座を作り、税務署に届出を行います。以上が大まかな流れです。運営が始まったら助成金などの申請を行いましょう。調べると便利な助成金はたくさんあるのでしっかりと申請しましょう。

会社設立には手間がかかりますが、1週間ほど集中して手続きをしてしまえばそこまで面倒なこともありません。夢のための第一歩を踏み出しましょう。”